もっともっと効率の良い「保険」を創れたらいかがでしょうか? 様々な保険会社の複数の種類を組み合わせることで「保険」は格段に便利になります。

日本国内において、預金に次いで普及率の高い金融商品である、‘保険’。
家計に占める支出額の大きさも、不動産、教育費に並ぶ大きさといわれています。
超低金利時代といわれる現代において、‘保険’の作り方、加入の仕方そして、使い方はこれまでの時代以上に重要になって参ります。

例えば、医療保険ひとつをとってみても、支払った以上の金額を回収できるのはどんなときでしょうか?
回収ができないのであれば、貯金をしておいた方がよかったというケースもあるのではないでしょうか?
もちろん、万が一のとき、とてつもなく大きなお金になって帰ってきてくれる保障機能は‘ほけん’において最も重要です。

でも、もっともっと効率の良い‘保険’を創れたらいかがでしょうか?
様々な保険会社の複数の種類を組み合わせることで、保険’は格段に便利になります。
大切なお金を‘保険’に変える前に、きちんと作り方から使い方まで改めて考えてみませんか?

Gift Your Life 株式会社は、高度な知識を持つファイナンシャルプランナーが集う、総合FP事務所です。

ただ、契約を結んでくれれば良いという会社ではありません。
すべては、金融商品を人生のギフトとして使っていただくために。
関わるすべての方の幸せの実現のお手伝いのために。
この国がもっともっとステキで良い国になるように。
そんな願いを込めて、毎日のコンサルティングに臨んでいます。

日本一の保険の代理店を目指します!

何か困ったらまずはGift Your Lifeに相談しようと思っていただけるような保険代理店をめざします。

自動車会社にはディーラーがあるように、食品にはスーパーやコンビニなどの販売店があるように、保険会社には小売店にあたる「代理店」があります。

保険のことで困った時には相談できますし、保険の切替や新規加入、更新の時にはお得な情報などを提供してくれるのも代理店のメリットです。
また、代理店は事故やケガなど保険金のお支払事由が発生した際に、保険金の請求手続きや、事故に対してのアドバイスなど、保険会社との間で大変頼りになる存在です。

保険代理店とはなにか?

Insurance agency

FPや保険代理店の主な業務とは?

1. 保険契約の締結、代理
2. 保険契約の変更・解約等の窓口
3. 証券の発行・再発行手続き
4. 保険料領収証の発行・保険料の領収・交付
5. 保険料の返還・保管
6. 保険契約の維持・管理
7. 保険契約者等からの事故の受付、保険会社への報告
8. 保険金請求手続きの窓口

つまり、保険会社と契約者との間で契約を円滑にするために代理店はあるのです。

Gift Your Life株式会社は訪問型の乗り合い代理店です。

2016 年生命保険契約満足度調査で、訪問型乗合代理店がもっとも高いという結果がでています。複数の保険会社の商品を取り扱う保険代理店は、来店型の保険ショップと訪問型の代理店に分類されるのですが、代理店によって、扱う保険会社・保険商品が異なります。
代理店の経営規模は、個人事業や少人数経営の会社の他、全国に支社をもつようなおおて大型保険代理店などさまざまですが、お客様は訪問型乗合代理店は「顧客対応力」が高く、知識・提案力が高いということで高評価につながっているようです。

保険の一元管理とは?

Unified management of insurance

保険商品には、生命保険、火災保険、自動車保険など様々な種類があります。

様々な保険に加入する必要があると思いますが、契約を一つの窓口にしておくことにより、
「相談するときはここに電話をすればいい」「保険金請求の時には〇〇さんに連絡すればいい」
と消費者の管理や負担が楽になります。

例えば、万が一、自動車事故で入院した場合に、自動車保険、医療保険、入院特約、手術特約、所得補償保険などの保険が絡んできます。
バラバラの保険会社や代理店に契約があると、いろいろな箇所に連絡をしなくてはなりませんが、窓口を一つにすることにより、事故後の保険金請求などの手続きがとても楽になります。
一つは難しいかもしれませんが、できるだけ窓口を少なくしておくことをお薦めしています。

小さなお困りごとでも相談してみると解決したり、相談して良かったとお客様に喜ばれることもあります。

法律や税務なども保険とは無関係と思われがちですが、知識も豊富ですので、保険商品とは関係のないことでも相談してみると以外と解決に向かうこともあるかもしれません。

例えばリフォームしたい→リフォーム業者の紹介、自動車を購入したい→割引してもらえるディーラーの紹介など悩み事がありましたら一度相談してみてはいかがでしょうか。

法人のみなさまは現在の社会では、危機管理対策の重要性が課題とされています。企業を取り巻くさまざまなリスクに対応する補償を備えることで「守る」をお約束いたします。